コンパの後、気になる彼に連絡を取る時に注意をしたいこと

コンパで手ごたえを感じたら、次は個人的なやり取り開始

友人に誘われて参加したコンパにいい人がいたら?気になる人がいたら?今度はコンパが終わったら、個人的に連絡を取ろうとしますよね。でもコンパって複数が集まり楽しむところだから、自分が気になった男性でも、相手は自分に興味がないという場合もあります。でもお互いにコンパで趣味などがあって、話が盛り上がり、うまくいくのではないか?もっと話したいと手ごたえを感じることだってありますね。そんな時には、ちょっと頑張ってみましょう。そしたら彼氏だってきっと出来るはず。でも個人的な連絡をする時に注意したいこともあるので、それをご紹介します。

初めの連絡のきっかけは逃さない

先ずコンパで手ごたえを感じたら、連絡を取るのは、早い方がいいです。時間を置くと少し連絡を取りにくくなるからです。またコンパの熱が冷めてしまって、気持ちの盛り上がりに欠けるろ、今度は連絡を取ろうという勇気がなくなってしまうのです。
その一番初めのきっかけになるのは、コンパ終了後のお礼のメールです。何でもいいけれど、今日は楽しかったとか、どんなことが印象に残っているとか。それを早い段階で伝えておくだけで、彼への印象を残すことが出来るのです。また次のメールにつなげることが出来るのですね。

迷惑にならない時間を選んでメール

次にメールする時は今度は時間を選びましょう。仕事は着信音を切っているだろうから大丈夫だろうとメールを勝手に送りつけることはせず、できれば、相手がフリーの時間、仕事などに支障のない時間を狙ってメールを送るという配慮をすることが大切です。またそのような時間を選ぶとすぐに返信も帰ってくる可能性も高く、メールや会話もスムーズに出来るようになります。

すぐに次に会いたいと言わない

コンパで気になったら、また次に会いたいなあと思うかもしれません。でもできればすぐに会わず、彼を焦らすことも大切です。もちろん手ごたえありと感じた彼ですよ。すぐに会ってしまうと、あれ?コンパの印象と違う?と思われがちです。そのために熱が覚めるということも。しかし、1週間とか少し期間があくと、メールだけの期間に会いたい欲求が強くなっているので、結構うまくいくのです。初めて個人的に会うという時のタイミングをとることが一番大切です。

まとめ

コンパで良い人がいたら次につなげていきたいですよね。そのために少しでもいい印象を残せるようにちょっとだけ上記のことを気を付けてみましょう。きっと将来の彼氏になってくれる可能性が高くなりますよ。