女性視点で見た彼氏にしたい男性の特徴3つ

女性の恋愛のリアルは女性がよく知っている

今やモテ本だの、モテコラムだの男性向けの恋愛コンテンツをたくさん見かける機会がありますね。それを実践している男性も多いとは思いますが、その本に書いてあることは女性の現実を見ているのでしょうか? 男性が書いた男性向けのモテ本ではわからないことだってあります。ここでは女性視点で見た彼氏にしたい男性の特徴をまとめました。

たまには割り勘にしてくれる

全ての女性が奢られるのが当たり前と思っているわけではありません。全額奢られて当たり前のような態度を取る女性は、そもそも相手の男性を財布としか見ていません。逆に、男性として意識している人に対しては労いや感謝の気持ちを込めて、たまには少しくらいお金を出そうと思ったりするものです。そうした好意を「いいよいいよ奢るよー」と断り続けると、最初はそのつもりはなくても段々その男性のことが財布にしか見えなくなってきます。なので、奢りがメインなのはいいですが女性が少しお金を出すと言った時は好意に甘えることも必要です。

デートプランを相談しながら決めてくれる

よくデートをリードするのが男性の理想だとか言われていますね。ですがそれはデートの最中で発揮すればいいだけで、独断でデートプランを決めるのは女性としてはあまり歓迎はされません。例えばデートの少し前になって「今日はまず○○して、その後××と○○して……夜はちょっと遅くまでいいかな?」と何の相談もなしに言われたら、多くの女性が困惑するでしょう。デートは2人でするものなので、プランは2人で話し合って決めた方がいいです。「○○に行きたいんだけどいい? いいなら、当日行く場所は○○と君が行きたがってた××でいいかな。駅から近い××の方から行こう」こんな風に言ってくれれば、配慮ができて計画性もある男性なんだなと一気に好感度が上がります。

遊び慣れている風よりもやっぱり真面目が安定

若者向けのモテコンテンツでは、異性慣れしている男は女の扱いも慣れているから付き合うなら遊び人風がモテる、と紹介しがちです。イメージ的にもガリ勉で真面目一辺倒な人は敬遠されそうです。が、女子が本気で恋愛をしたいと考えるのは真面目な人の方です。本当にカジュアルで突発的な恋愛なら遊び人風でもいいですが、将来を見据えたり付き合っている時の健全さなどを考えると真面目な人に軍配が上がります。恋愛に関して女性はかなり現実的な所があるので、堅実さのある人の方が好感度は高いというわけです。

モテたいなら女性に意見を聞いてみよう

男性視点でのモテテクと女性が思う理想の男性像には、結構差があるようです。その場限りの女の子を引っ掛けるなら従来のモテコンテンツを参考にするのもアリです。しかし、本気で彼女と交際したいと思うなら女性側の意見も聞くことで、少しでも死角がなくなると思います。