片思いの相手には、告白前にこちらの好意をアピールしておくこと

女性が素敵だなと思う男性に片思いしている時には、毎日が幸せに感じます。しかし片思いを続けていると自分の気持ちに気づいて欲しいことと、できれば恋人同士になりたいという願望が大きくなり、段々と見つめているだけでは辛いと感じる様になります。片思いの相手に告白したい時に、まずはどうやってアプローチしていけば良いのでしょうか。

毎日の挨拶で印象付ける

片思いの相手に自分をアピールしようと思ったら、なるべく毎日顔を合わせて挨拶をする様にします。人は毎日会っている人に対して親近感を抱く様になるものです。同じ時間に同じ場所で挨拶をしていると、ある日会えない時に相手は「どうしたんだろう」と気にする様になるのです。毎日明るく笑顔で挨拶をして、好印象を与えておくとより効果的です。もしも毎日会えない人の場合は、会えた時に必ず声をかけておくことが大切です。あなたの声と挨拶の仕方を記憶に残しておけば、次に会う時に期待感が高まります。この様な方法を「単純接触効果」といい、好感度や期待感が恋愛感情に結び付きやすいという心理テクニックです。

視線で印象づける

人は他人からの視線を感じると「何か自分に対して言いたいことがあるのだろうか」と気になるものです。ふと気が付いたら視線が合うと、相手は気になって仕方がなくなります。この時に不意に視線を逸らしたりせずに、にっこりと笑顔を見せるだけで「もしかして自分に気があるのでは」と薄々気づいてくれるでしょう。片思いをしているのですから、「あなたが好きです」という無言のアピールはしっかりとしておいた方が、後で会話が出来るチャンスがあった時にスムーズに告白し易くなります。

相手と趣味を合せる

片思いの男性と話しをするきっかけを作る為には、相手の趣味や好みを調べておくと便利です。特に好みの音楽や本などは本人でなくても友人を通して調査をしておきます。友人にはわざと趣味を合わせたと思われない様に「あれ、○○さん(片思いの相手)も好きだったんだ」と言っておくと良いでしょう。その後片思いの相手の前で好きな音楽を聴いたり、本を読んでいる姿を見せます。人は自分が好きなものを同じように好きな人には親近感が湧くもので、相手が話しかけてくればそのまま話が盛り上がります。

急に話しかけるよりも行動で示すこと

片思いの相手に告白したいと思ったら、少なくとも「こちらはあなたに対して好意を持っています」ということを伝えておきましょう。急に告白されと驚かせてしまい良い返事を貰えないこともありますが、相手が「来るべき時が来た」と心の準備ができていれば「まずは友達から」でもOKして貰える可能性は高くなります。