片思いの相手には、告白前にこちらの好意をアピールしておくこと

女性が素敵だなと思う男性に片思いしている時には、毎日が幸せに感じます。しかし片思いを続けていると自分の気持ちに気づいて欲しいことと、できれば恋人同士になりたいという願望が大きくなり、段々と見つめているだけでは辛いと感じる様になります。片思いの相手に告白したい時に、まずはどうやってアプローチしていけば良いのでしょうか。

毎日の挨拶で印象付ける

片思いの相手に自分をアピールしようと思ったら、なるべく毎日顔を合わせて挨拶をする様にします。人は毎日会っている人に対して親近感を抱く様になるものです。同じ時間に同じ場所で挨拶をしていると、ある日会えない時に相手は「どうしたんだろう」と気にする様になるのです。毎日明るく笑顔で挨拶をして、好印象を与えておくとより効果的です。もしも毎日会えない人の場合は、会えた時に必ず声をかけておくことが大切です。あなたの声と挨拶の仕方を記憶に残しておけば、次に会う時に期待感が高まります。この様な方法を「単純接触効果」といい、好感度や期待感が恋愛感情に結び付きやすいという心理テクニックです。

視線で印象づける

人は他人からの視線を感じると「何か自分に対して言いたいことがあるのだろうか」と気になるものです。ふと気が付いたら視線が合うと、相手は気になって仕方がなくなります。この時に不意に視線を逸らしたりせずに、にっこりと笑顔を見せるだけで「もしかして自分に気があるのでは」と薄々気づいてくれるでしょう。片思いをしているのですから、「あなたが好きです」という無言のアピールはしっかりとしておいた方が、後で会話が出来るチャンスがあった時にスムーズに告白し易くなります。

相手と趣味を合せる

片思いの男性と話しをするきっかけを作る為には、相手の趣味や好みを調べておくと便利です。特に好みの音楽や本などは本人でなくても友人を通して調査をしておきます。友人にはわざと趣味を合わせたと思われない様に「あれ、○○さん(片思いの相手)も好きだったんだ」と言っておくと良いでしょう。その後片思いの相手の前で好きな音楽を聴いたり、本を読んでいる姿を見せます。人は自分が好きなものを同じように好きな人には親近感が湧くもので、相手が話しかけてくればそのまま話が盛り上がります。

急に話しかけるよりも行動で示すこと

片思いの相手に告白したいと思ったら、少なくとも「こちらはあなたに対して好意を持っています」ということを伝えておきましょう。急に告白されと驚かせてしまい良い返事を貰えないこともありますが、相手が「来るべき時が来た」と心の準備ができていれば「まずは友達から」でもOKして貰える可能性は高くなります。

コンパの後、気になる彼に連絡を取る時に注意をしたいこと

コンパで手ごたえを感じたら、次は個人的なやり取り開始

友人に誘われて参加したコンパにいい人がいたら?気になる人がいたら?今度はコンパが終わったら、個人的に連絡を取ろうとしますよね。でもコンパって複数が集まり楽しむところだから、自分が気になった男性でも、相手は自分に興味がないという場合もあります。でもお互いにコンパで趣味などがあって、話が盛り上がり、うまくいくのではないか?もっと話したいと手ごたえを感じることだってありますね。そんな時には、ちょっと頑張ってみましょう。そしたら彼氏だってきっと出来るはず。でも個人的な連絡をする時に注意したいこともあるので、それをご紹介します。

初めの連絡のきっかけは逃さない

先ずコンパで手ごたえを感じたら、連絡を取るのは、早い方がいいです。時間を置くと少し連絡を取りにくくなるからです。またコンパの熱が冷めてしまって、気持ちの盛り上がりに欠けるろ、今度は連絡を取ろうという勇気がなくなってしまうのです。
その一番初めのきっかけになるのは、コンパ終了後のお礼のメールです。何でもいいけれど、今日は楽しかったとか、どんなことが印象に残っているとか。それを早い段階で伝えておくだけで、彼への印象を残すことが出来るのです。また次のメールにつなげることが出来るのですね。

迷惑にならない時間を選んでメール

次にメールする時は今度は時間を選びましょう。仕事は着信音を切っているだろうから大丈夫だろうとメールを勝手に送りつけることはせず、できれば、相手がフリーの時間、仕事などに支障のない時間を狙ってメールを送るという配慮をすることが大切です。またそのような時間を選ぶとすぐに返信も帰ってくる可能性も高く、メールや会話もスムーズに出来るようになります。

すぐに次に会いたいと言わない

コンパで気になったら、また次に会いたいなあと思うかもしれません。でもできればすぐに会わず、彼を焦らすことも大切です。もちろん手ごたえありと感じた彼ですよ。すぐに会ってしまうと、あれ?コンパの印象と違う?と思われがちです。そのために熱が覚めるということも。しかし、1週間とか少し期間があくと、メールだけの期間に会いたい欲求が強くなっているので、結構うまくいくのです。初めて個人的に会うという時のタイミングをとることが一番大切です。

まとめ

コンパで良い人がいたら次につなげていきたいですよね。そのために少しでもいい印象を残せるようにちょっとだけ上記のことを気を付けてみましょう。きっと将来の彼氏になってくれる可能性が高くなりますよ。

出会い系を活用し質の高い出会いを見つけよう

ネット社会が進む現代で出会いの形もネット社会に影響されています。今では、iPhoneなどさまざまなカテゴリで多種多様に扱える携帯を持つようになりネットが身近にあることが今の社会です。
出会いもひと昔のようにお見合いなどという古い伝統からサイトやアプリを使って出会いの場が設けられるようになりました。では、どのようにネットを通じて出会いを成功するか体験のもとのに紹介をします。

「サイト」「アプリ」には抵抗がある・・・

出会い系サイトやアプリをするということは、ある意味で自分の個人情報やプライベートを公に公開するということになります。
でも、日常生活でなかなか出会いがないのでどうしても出会い系に頼りたいと思っている方もいるかと思います。
出会い系では””サクラ””と言われる偽造アカウントや実際に存在しないツールなどがあります。これを考えると抵抗が生まれてしまいますよね。
しかし、出会い系サイトやアプリは1つではなく今ではたくさんのサイトがあります。更に、今ではセキュリティー対策などが強化され各出会い系のサクラも減少しつつあります。
では、数多くある中でどんな出会い系サイトを活用するよいか私が活用したサイトや経験をもとにご紹介します。

初心者であれば「タップル」を活用しよう!

タップル誕生」は出会い系サイトの中の1つです。
私が、出会い系を活用したときに一番最初に活用したサイトになります。
私の経験上、タップルは出会い系を初めて活用したい思っている方には一番妥当だと思います。
まず、このサイトは1から名前やその他の情報を登録することもできれば、facebookと連携しているので、facebookを使用している方はfacebookからアカウントを取得することで個人情報を1つ1つ入力しなくてもよいという利点があります。
アプリの使い方はいたってシンプルです。様々なカテゴリから異性の写メや情報が表示されるので気に入れば””いいかも””、気に入らなければ””イマイチ””をスライドするだけで大丈夫です。
相手方とマッチングできればメッセージを送ることができやり取りが可能です。年齢認証をしていれば、LINEや番号の交換が可能になります。
また、有料の会員というのが存在し、課金をしなければなりませんが、通常の出会い系であれば1カ月あたり4000円~5000円ですがタップルでは3000円前後で有料会員なることができます。

本格的に出会い系を活用してみたいという方は「ペアーズ」を活用しよう!

出会い系を使って本格的に出会いを求めたいという方には、「ペアーズ」がおススメです。
こちらもfacebookと連携しているので必要最低限の個人情報はフェイスブックから取得することができます。
ペアーズでは先ほどのタップルとは違いより詳細な情報共有をすることができます。その分、個人情報などのカテゴリが多いです。
私の経験ではペアーズが一番相手方のマッチングする率は高いと思います。やはりたくさんの情報共有をすることができるので、確実な情報をもとに求めてくる方が多いのでおのずとマッチング率が高まるのではないかと思います。
また、facebookを活用しているのでアプリ上でお互いのfacebookのアカウントを共有することができるので、日常のプライベートもお互いに知ることができるので「どんな趣味があるのだろう?」、「普段はどんなことをしているのだろう」とサイト上では知れないことも知ることができます。
また、facebookのアカウントを持っていないとペアーズは利用できないのでサクラも少ないと思います。

まとめ

私は、上記の2つのサイトを活用し実際に出会うことができました。マッチングした中で実際はサクラでしたという方は1人もいませんでした。従ってとても安心して利用することができました。
草食女子や草食男子が増えている現在、出会いで悩んでいる方は是非1度出会い系サイトを活用してみてください。
上記で紹介したもの以外にもいろいろなサイトがありますが、他を使用する場合は、そのサイトの口コミを調べてから使うようにしましょう。
今回、私がこの記事を執筆する際に調べていたところ、出会い系サイト大学さんの口コミは参考にすることができると思います。
他の方の口コミが良く、そして自分が実際に活用してみて安心と信頼ができるサイトを活用してみてください。