5歳以上年下の男性を好きになってしまった時の心構えとは

女性は恋人にするならば年上の男性が良いと思うものです。しかし最初に年齢を知らずに出会った場合、好きになった男性が年下だった、ということもあります。2~3才位ならばまだ同じ年代と言えますが、5歳以上年下になるとどうしても女性が自分の年齢を気にしてしまうでしょう。女性が年下男性を好きになってしまった場合、どの様に考えたら良いのでしょうか。

年下でもしっかりした男性が多くいる

そもそも年齢というのは人を管理する上で必要な数字の一つです。同じ年齢でも頼りない男性もいれば、しっかりとした人も多くいます。また、自分と同じ年齢だから自分と価値観が同じとは限りません。5歳年下でもそのことを知るまで全く違和感なく付き合っていたとすれば、年齢はただの生きてきた年数に過ぎず、恋愛をするには全く関係のないことなのです。5歳年下でも一緒にいて安心できる、この人と一緒にいれば辛いことでも乗り越えられると思ったら迷わず恋愛をしましょう。

お互いを尊敬する気持ちを持つこと

一般的に女性は年上男性には頼り甲斐を求める傾向があります。年下男性に対しては「絶対的な」頼り甲斐を求めることはあまりありません。しかし年下男性は、年上女性と付き合うことで「この女性にふさわしい男に慣れる様に頑張ろう」と思い努力をします。その為に年下男性の方が人間的に成長する場合が多いのです。そして女性の方も「若い彼と釣り合う女性になろう」と思い、身だしなみに気を遣ったり上から目線の態度を取らない様に注意します。年の差カップルの場合はお互いを尊敬する気持ちが持てればそれが自分の成長に繋がり、幸せになれる可能性も高いのです。

年を取ったら捨てられるという不安は必要なし

年下の彼氏を持つと、その後結婚話が出た時に家族や友人から反対されることも多くあります。その理由として「今に年を取ったら捨てられる」と心配してくれるからです。しかし年下の男性の場合、最初から年齢差に関係なく女性を好きになったのですから、「将来捨てられる」という心配は必要ありません。破局をするとなれば、お互いの価値観の違いや他に好きな人ができたからで、決して年齢的なものではない筈なのです。年下の男性と付き合うと周囲の好奇の目が気になりますが、殆どの場合「羨ましい」という肯定的なものですので気にしない様にしましょう。

年の差カップルというプライドを持とう

年下の男性を好きになってしまうと、どうしても世間体を気にしてしまうものです。しかしいちいち会う人に自分達の年の差を説明する必要はなく、女性はむしろ不利と言われる条件でも良縁を掴んだことにプライドを持つべきです。年の差カップルの自分はそこまで魅力的なのだと自信を持って下さいね。